まちづくりのきっかけ

村上の町屋は外観こそ現代的に見えますが、一歩店の奥に進むと囲炉裏や梁、大黒柱に神棚仏壇、豪快な吹き抜けが現れ、タイムスリップしたような江戸や明治の町屋が現れます。これこそが村上の宝であり、この町屋に光りを当てるべく町屋を生かした取り組みが始まりました。

村上のまちづくりのきっかけ

村上には、武家屋敷、町屋、寺町、城(跡)という城下町としての四大要素が残っています。全国的にも希少な城下町であると高い評価を受けているのにもかかわらず、地元ではそのような価値認識はきわめて低かった折(平成9年頃)、町屋の多く残る町人町に道路拡幅を伴う大規模な近代化計画の話が持ち上がりました。

その時「そんなことをしたら城下町の価値は失われるし、第一道路を拡げて成功した商店街は一つもない。大変なことになる、あなたがそれを食い止めなさい。」と、村上の近代化に警鐘を鳴らしてくれた会津若松の五十嵐大祐氏との出会いがありました。(平成10年)。この五十嵐氏の言葉は吉川にとって衝撃的でした。すぐさま全国の町を歩いて見てその実態を確かめ始めたところ、「拡幅による衰退」これがまぎれもない現状であると分かりました。

【写真】町屋内部の様子吉川は近代化の見直しを唱えましたが、商店街では「近代化こそが活性化」で話が進んでいきます。何とか止めなければと必死の思いで近代化に反対する署名活動を展開しました。しかし、この署名活動のやり方では町屋を守れないとある時気付き、方向転換をすることにしました。伝統的な町屋に光を当て、町屋を活かし、町に賑わいを取り戻すことで、「これを壊すのではなく残し活かしていこう」という意識に市民が変わり、最終的に近代化を変更させようと思ったのです。

【写真】豪快な吹き抜けの造り村上の町屋は外観こそ近代化され魅力に欠ていますが、一歩店の奥に進むと、イロリや梁、大黒柱に神棚、仏壇、そして豪快な吹き抜けの造りが現われ、タイムスリップしたような江戸や明治の町屋が現われます。この内部空間を公開しようと、町屋を生かした取り組みが始まりました。

*味匠喜っ川「店舗の町屋造り」のご紹介

町屋公開のはじまり

吉川は、町人町の店舗を巡り町屋の中を旅の人々にも公開してもらえるよう1軒1軒お願いして廻りました。その呼びかけに賛同した22店舗(当初)によって「村上町屋商人(あきんど)会」を結成して町屋の常時公開を行うことができるようになりました。商人会でマップ「城下町村上絵図」を作成、新聞に折り込んだところ、マップを手に町を歩く人が増え始め、人々が村上の町屋を訪れるようになり、町屋の価値が体感されるようになっていったのです。

この後、この取り組みが原点となり、商人会のメンバーや町人町の方々の熱意により「町屋の人形さま巡り」「町屋の屏風まつり」の催し開催へと繋がっていくことになりました。

*村上町屋商人会で町屋の公開をしている店舗

  • 村上商人会の町屋の紹介です。城下町村上絵図を片手に、村上町屋巡りにお出かけください。
ページトップ
町屋の公開
町屋の人形さま巡り
町屋の屏風まつり
宵の竹灯籠まつり
十輪寺えんま堂の骨董市
黒塀プロジェクト
町屋の外観再生プロジェクト