村上の取り組み

十輪寺えんま堂の骨董市-毎年3月〜10月 第4日曜日-

広告費用を考えて開催日を第4日曜と決めました。400年の歴史のある、えんま様と振るわいをみせる村上の骨董市がテーマのイベントです。

十輪寺えんま堂の骨董市について

【写真】骨董市で賑わう大町商店街常々、村上で骨董市ができればと考えていたところ、あるひょんなきっかけで群馬県桐生市を訪れるチャンスがありました。そこで骨董市の開き方のヒントをもらったことが骨董市立ち上げのきっかけです。平成13年の3月のスタート以来、口コミで徐々に広まり、毎回他県からも大勢の骨董ファンが訪れてきてくれています。賑わいの創出に一役買っているのは勿論のこと、地元市民にとっても、毎回楽しみな青空骨【写真】十輪寺のえんま様董市です。開催日は十輪寺境内にある築400年を超えるえんま堂をご開帳しております。昔の道具に近頃ブームの古布、骨董の器と並べられる品々も様々。えんま様のお力か、不思議と雨を免れることの多い村上の骨董市に是非、お越しください。

ページトップ
町屋の公開
町屋の人形さま巡り
町屋の屏風まつり
宵の竹灯籠まつり
十輪寺えんま堂の骨董市
黒塀プロジェクト
町屋の外観再生プロジェクト